間取りで失敗しない為に本当に大切な事

 間取りで失敗しない為に

 

住まいを新しく手に入れる時に考える間取り、新聞の折り

込みチラシや、雑誌など不動産関係の広告には様々な

間取りが載っています。

 

家づくりを考え始めると、その様な間取りが気になって仕方

なくなってくるでしょう。

 

気持ちは分かります、せっかく大金をかけて住まいをつくる

のですから、絶対に失敗はしたくないですよね。

 

では、どのように考えれば間取りを失敗しなくて済むのか?

ご自分のご家族にとって最適な間取りは、どんな感じがいいのか?

これまでの経験からお伝えします。

 

 

では、始めに質問です。

 

「どのように考えれば、間取りを失敗しなくて済むのか?」

「ご自分のご家族にとって最適な間取りは?」

 

あなたにとって、重要なのはどちらですか?

 

 

失敗ではない間取りなのか?

それとも、

家族にとって最適な間取りなのか?

 

同じ意味のようですが捉え方が正反対です。

どちらも大切と言われるかもしれませんが、

満足のいく住まいの考え方は

「ご自身の家族にとって最適な間取り」

を考えることなのです。

 

満足のいく間取りを、どのように考えるか?

 

ここで、紙と鉛筆をとってきて、見よう見まねでパズルみたいに

子供部屋がこちらで、リビングがこちらで・・・なんてやっては

いけません。楽しいですけどね、いろいろ間取りを考えるのは・・・。

もう少し我慢です。

 

まず始めにしていただきたいのは!

 

次の質問の答えを、少しづつでもいいので頭に思い浮かべてください。

 

・「あなたは、なぜ家を手に入れるのですか?」

・「あなたは、どのような人生を送りたいのです?」

・「あなたは、新しい住まいで何がしたいのですか?」

・「あなたは、新しい住まいで日々どのような生活がしたいのですか?」

・「あなたは、今の住まいの何を解決したいのですか?」

 

 

いかがでしょう?

ちょっと難しいかもしれませんが、これが大事なのです。

なので、いきなりとは言いません。

少しづつでも考えてみてください。

そして、ご家族ともいろいろ話し合ってみてください。

 

 

あなたとご家族の希望の人生をおくれる間取りは?

 

先程の質問の内容を、考える前と後では、ご自身の住まいに対する

考え方が変わってきたと思います。

 

もし、

別に何も変わらない!

というか、めんどくさーい!

 

と思われた方へのお薦めは、間取りの決まったマンションとか建売住宅の方が

無駄な時間を使わなくて良いかと思います。

 

住まいに対する考え方は、人それぞれなので無理に小難しいことに時間を

使うのはもったいないですから。

 

決まった間取りの中から、これだ!と思う間取りの物件を買われるのが最適です。

 

 

先程の質問で、

何か気が引き締まる思いになったとか、

なんかえらいところに首突っ込んだかなとか、

とにかく楽しそう、

もちろんその通りだ

と思われた方

 

家を買うのは簡単です、今の日本ではお金さえだせば、住宅ローンさえ通れ

ば大抵の家を買う事ができます。

 

ただ、本当に家族にとって最適な家を手に入れるのは、とても難しいのです。

 

 

でも、安心してください。

先程の質問の答えをしっかり持つことができれば、その難しい家族に最適な

住まいを手に入れるのに、半分は成功したも同然です。

 

それくらい大切な事というのはご理解くださいね。
これから家づくりのパートナーとして選ばれた業者さんから
提案されてきた間取りに対して

 

大きさは?

数は?

用途は適している?

動線は?

収納の量は?

 

これらは全て、これからの人生を考えた家をイメージしておけば自然と決まって

きます。

そして次に考えるのは、このことをきちんと伝えられるようにすること。

これは、別の機会にお伝えします。

 

 

あなたの家づくりのパートナーは、それをカタチとして実現してくれるところを探せ

ばよいのです。

ハウスメーカーや色々な工務店さんに無料だからと言っていくつものプラン図を書

いてもらっても、あなたが住みたい家のイメージができていなければ、余計に悩んで

しまうだけです。

 

結局一番安いところにした・・・。
では意味がありませんからね。

 

家づくりを決意したなら、一度あなたの理想の住まいのイメージ作りに取り組んでみ

てください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る