自分らしい家を手に入れるための準備

家づくりで一番最初にすること

 

住まいを新しく手に入れようと思った時、何をしますか?

・ホームページを見る

・雑誌を見る

・住宅メーカーの展示場に行く

・新聞の広告を見る

 

おそらく多くの方が、このようにして情報を手に入れると思います。

 

でも、一番最初にしなければいけないのは・・・

 

それは、ご自身のこれからの生活を思い描くことです。

「新しい住まいで、子供さんとどのような生活を送りたいですか?」

「新しい住まいで、ご夫婦でどのような人生を送りたいですか?」

少しづつでもいいので、イメージしてください。

 

 

家づくりを後で後悔しない為に

まず初めに展示場などに行くと、目から入ってくる情報は

大変インパクトが強いので、印象的に残ってしまいます。

 

展示場はその様な目的で作られています。 はじめて行か

れると、素敵な住まいが建ち並んでいて、クラクラしてしま

い本当に自分が住んでみたい家を思い描けなくなってしまいます。

 

ですから、住宅展示場へ行く前に、ご自身の理想の住まいを

思い描いてみてください。

 

自分の住まいのイメージ作りです。

それはご自分とご家族の未来作りでもあります。

 

そしてそれを忘れないように保存していきましょう。

 

できれば、それに近い雑誌やテレビで見たワンシーンをインターネット

などで探してプリントアウトして残しておいた方が良いでしょう。

 

昔で言うスクラップブックです。

 

今ではインターネットを活用すれば、便利なアプリがいくらでもあります。

参考までに私はクライアントさんには、Evernote又はPinterestなどをご紹介しています。

 

人間というのはついつい忘れてしまうからです。

 

このように残しておくと、いざ家づくりがはじまった時に迷わなくてすみます。

家づくりが始まると、決めなければならないことが次から次に出てきます。

そして、あれもこれもと欲が出てきて、何が本当に欲しいものなのかが解らなくなってきます。

しかも、普段扱うより高い金額の話を毎日しますので、金銭感覚がマヒしてきます。

 

その様な状態で、家づくりをすると後から後悔することがたくさん出てきます。

 

 

ですから、準備の段階でご自分の理想の住まいのイメージづくりを必ずしてくださいね。

 

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る