京都のうなぎの寝床で、心地いい住まいを手に入れる方法

  • follow us in feedly
うなぎの寝床 F 2nd 内田雅章建築設計事務所

京都でのお住まいの土地がうなぎの寝床なので、建て替えようか、リフォームしようか悩んでいるあなた。

もしくは、新しく買おうと思っていた土地、他の条件はぴったり合うのだけど、カタチがうなぎの寝床なので決めようか悩んでいるあなたへ。

 

うなぎの寝床の家は暗い、はウソ!

京都や大阪に古くから多く残るうなぎの寝床、今の時代はとても肩身が狭い扱いを受けています。

狭い、暗い、不便、あきらめにも似た言葉をよく聞きます。

 

確かに、うなぎの寝床に建つ昔の家は、庭に面してでもいない限り、暗い部屋が多かったのは事実です。間口の広い家は、窓も取りやすいですし、自然と明るい家を建てることが出来ます。

 

そんなうなぎの寝床の土地でも、設計に工夫をすれば、暗い家ではなくなります。

 

一つの実例を見てください。

うなぎの寝床  F 2nd  内田雅章建築設計事務所

うなぎの寝床 F 2nd 内田雅章建築設計事務所

敷地の片側はマンション、隣も同じくらいの住宅がありながら室内真ん中あたりでも暗いという文字は浮かばないくらいの明るさがあります。

現代の工法であれば、うなぎの寝床の家が暗いというのは当てはまりませんね。

 

伝統から学んで活かす、うなぎの寝床のGoodポイント!

 

今は少し敬遠されるうなぎの寝床の土地ですが、京都の中心地では一昔前はほとんど全てがこのような形状の土地でした。その中で、快適に過ごすためにそれも、暑い夏と寒い冬と言われる京都には様々な工夫が活かされてきました。

 

中庭、坪庭は、小さいながらも建物全体に光と風を取り入れるために、多くの町家に取り入れられました。

 

最近では、エアコンが発達したためせっかくのこの工夫も十分活かされていませんが、現代の住まいでも、伝統の工夫を少し取り入れるだけで、快適に過ごせるヒントがたくさんあります。

 

ただし、建売住宅などコスト重視の建て方では、なかなかそういった工夫もされていないのが残念です。

 

 

設計次第で、うなぎの寝床は宝の山

 

先程も言いましたが、敬遠されがちなうなぎの寝床も、設計次第でお宝敷地に変身します。

明るさを取り入れるだけでなく、中庭を上手に使うことでプライバシーをしっかり守れる住まいにもなります。

 

防犯上もがっちり守りやすい住まいにもなります。

 

工法を選ぶことで、室内に柱のない家を建てることも出来ます。

 

設計次第なんです。

 

でもあなたにとって本当にいい住まいを建てられるかどうか、その設計を活かせるかどうかは大切なことがあります。

 

 

 

うなぎの寝床を、宝の土地に変えてしまうためにしなければならない事

 

うなぎの寝床にかぎらず、住まいづくりで大切なこと、失敗しないであなたらしい住まいを手に入れる為にしなければならないことがあります。

 

それは、あなたが新しい住まいでどのような生活を送りたいか、ちゃんとイメージしておくことです

 

せっかく大金で手に入れる新しい住まいなのに、建ててからこんなはずではなかった、などということが起こらないようにするために、必ずしておかなければなりません。

 

イメージしてくださいと言っても、実は結構難しいはずです。

自分のことだから簡単、と思いがちですが、意外と浮かんできません。

 

それは、ふだんそのような事をしていないからです。

■こんな寝室なら毎日のストレスから解き放たれてぐっすり休めるだろうな~

■リビングから庭がこんな風に見えたらなにかのんびりくつろげるな~

■こんな子供部屋で子供たちが生活してくれたら楽しいだろうな~

このような感じの積み重ねです。

家造りで満足されている方は、自然とこれができていて、

尚且つ家づくりのパートナーに上手に伝えることが出来た方です。

例えば家づくりをいざ考え始めると、必ず何かしらの間取り図を見ると思います。

 

間取り図は、建物を上から見た図面ですね。なので全体を眺めるにはちょうどいいのです。

でも、実際の生活で見える景色は間取り図には表れていません。

 

 

 

イメージ作りはまず、こんな事から始めるといいと思います。

 

間取り図上のこの位置に座るとどんな景色になるのだろう?

このキッチンに立つと、何が眼に入るのだろう?

子どもたちの動きは見えそうかな?

 

などなど

 

間取り図では、部屋の大きさがよくわからないと言われますが、今のお住まいを参考に当てはめて少しずつ練習すればいいと思います。

 

家づくりが進み、実際にご自分の住まいの間取り図(平面図)を見た時に打ち合わせする時、確認や要望を伝えるときに必ず役にたちます。

 

そして、思い通りの住まいを手に入れたければ、もう1歩踏み込んで、練習の間取り図にたいして、私ならこうして欲しい、ここをもっとこうしたい、などイメージトレーニングをするのです。

そして、もしこの家に住んだら、平日はこんな生活、休日はこんな過ごし方をしたいなどイメージの幅を広げていってください。

 

 

こうやって少しづつでも、ご自分の将来の生活をイメージしていってください。

 

このイメージがあればあるほど、あなたの将来の新しい住まいは、あなたらしくあなたに最適な住まいになるはずです。

 

そして、そのイメージを家づくりのパートナー伝えてください。

 

家づくりのパートナー選びは、それをどのようにカタチにしてくれるかを基準に選ぶことで、ぶれない家づくりができるのです。

 

施主であるあなたが、ブレてしまうと、家づくりもブレてしまうのです。

 

うなぎの寝床だからこんな程度、と諦めるのではなく、せっかくの準備期間は素敵な家のイメージトレーニングで楽しくすごしてください。

 

まとめ

うなぎの寝床にかぎらず、家のカタチ・・・間取りは住む人の意志でいくらでもつくることができます。

モデルルームから選ぶのいいのですが、それでは人の家に住むのと同じではないでしょうか。
せっかく一生に一度の家づくりなのですから、自分らしい家づくりをしませんか?
京都の街なかでうなぎの寝床が多い場所でも、今はマンションが周りに多くなり、昔ながらの建て方だけでは良い環境を得られにくくなりました。良い所を取り入れつつ、現代の知恵も盛り込んでいい家を手に入れて下さい。
間取りの考えの参考には、うなぎの寝床、同じ敷地で5つの間取り比較が参考になります

  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る