自己紹介

家escort 山田

家escort京都代表 山田章人

 

私が当時通っていた幼稚園に、ひとつのシンボル的な建物がありました。

2階建てだったと思います。

 

その建物の窓がない大きなコンクリートの打ち放しの外壁に、

小さな背中をペタリと付け、あごを上げて真上の空を見たところ、

白い雲が建物からゆっくり流れ出ていくような感じに見えました。くもり

 

幼い私は建物が動いていると錯覚してしまいました。

それだけではなく、その建物が地球を動かしていると思い込んでいました。目

(今でも建物を背中にして空を見上げると自分が動いているように見えますよ、

経験ありませんか?ぜひ一度やってみてください。)

 

その建物が地球を動かしている、
それは4才の子供には本当に衝撃的な出来事でした。

しかも自分だけが発見したんだと、
まるで映画の主人公にでもなったような気でいたのかと思います。

そんなことがきっかけで建築にあこがれたのでした。
今思えば些細な、しかも錯覚だらけの出来事でしたが、
それが私の人生を決めたのです。

建物が地球を動かしているというのは、小学生になりさすがに錯覚
だったとわかりましたがトラウマのような経験は今でも鮮明に覚えています。

そんな経験から子供の頃は、友人とは建物を見る目が少し違っていたの
かもしれません。

 

子供の頃はアパート暮らし

子供の頃の住まいは、父の仕事柄転勤も多くアパート、
マンション暮らしが多かったです。
妹もいたので、与えてもらった空間は机ひとつと布団が
ひける分だけでした。

 

狭いから空想力

そんな狭い部屋で、いつも大人になったら自分の家はこんな
間取りの家に住みたいとか、自分の部屋はここで(自分の部屋
だけかなり広かったですが・・・)とか、他にも学校にはこん
な教室があってとか、当時通っていた水泳教室のプールの屋根が
こんな風だったら?とか、ノートに書いていたものでした。

狭い部屋でも、自分にとっては空想を広げられる好きな場所でした。

 

なぜ家を建てるのですか?

家は、誰にとってもいろいろな思い入れのある、特別な
空間ではないでしょうか?自分の価値観を持ち、自分の
時間をすごす空間が必要になっているはずです。

日本の公共の建物は、我々納税者の税金を湯水のように
使った為に、大変すばらしい空間が沢山あります。

ところが住宅はどうでしょう?

設計事務所に勤めながら、いつも思っていました。
世界有数の経済力を持つのだから、他の国を羨ましがるので
はなく、多くの国から羨ましがられる空間で生活しても良いの
ではないか?ひらめき電球

 

 

いい家とは?

いい家とは、広さとか豪華さをいうのではありません。

日本の建築は、元々海外から大変評価されてきました。

世界最古の木造建築である法隆寺、世界最大及びそれに
次ぐ木造建築である東大寺大仏殿、東本願寺御影堂。

美しさで世界に伝えられた桂離宮。

これらは豪華な建物ですが、僅かな空間である
お茶室も世界に誇れるものです。

その他、多くの世界遺産である建築物が日本はあります。
そして、近代、現代でもでも丹下健三、黒川紀章、安藤忠雄
の他にも多くの建築家が世界中で評価を受けています。
にもかかわらず、日本の住まいは画一的でしかも最近の
住まいはほとんどが石油化学製品ばかりで、見かけは綺麗
ですが空間の豊かさという点で進化はおろか退化している
のではないかと思います。

これからの住まいは、本当に心から安らげる空間である
べきではないか?
家族の価値観にあった豊かな空間に住んでもよいのでは
ないか?と。
そして、そのような家を建てられるのはやはり設計の専門家
である建築家と建てるのが最適だと思っています。

 

住まいの良い設計とは?

設計とは空間創りです。安全で快適な空間創りは当然で、
建築士ならある程度誰でもできます。

しかし優れた設計つまり、安全快適でその上に、そこに住む
人の心に安らぎや癒しをあたえ、ある時は感動する空間創り
ができるのは、設計を専門にしているプロ、つまり建築家の
仕事です。

ご注意いただきたいのは

設計士=建築家 ではありません

建築家は、その家族に合わせた豊かな生活の場を創る
為の設計をするということです。

さらに、そこに住む家族の代理人として、工事中も施工の
現場を監理するのです。つまり、最近よく報道されている設計
と施工を分離した第三者による現場監理も できるのです。
ですから、欠陥住宅も考えにくいのです。

 

建築家の家は特別な人向け?

私が設計事務所に所属していた頃、建築家の建てる家は何か
特別の人だけのもの、と思われているように感じていました。
建築家となら賢く、良い家が建 てられるのに、世間の人は
知らないのかな?と・・・。

建築家である設計事務所は住宅メーカーのように、営業マンを
雇ったり、広告でPRしたりたりすること はしないのです。
だから、特別なのでなく、知っている人だけが知っている
という状態だったのです。

こうした想いから、自分が建築家と創る家の本当の良さを
世間の人に知ってもらうことを仕事にすれば、多くの方に
納得してもらい喜んでもらえるのではないか、と考えたの
です。住宅という高い買い物であり、生活の基礎となる大切
な空間を、しっかりとした設計のプロと堅実な施工のプロが
一緒に創るお手伝いをできるのは本当にやりがいがあります。
私は今でも建物、空間と言うのは人の心を動かすものである
と思っています。

~癒し、楽しみ、ワクワク、安らぎ、安心、~

そして、地球上の人すべてがそんな空間で過ごす事が出来る
ようになれば、必ず世界は平和になると思います。

そしてそれは、むかし私が思い描いた建物が地球を動かし
ている・・・と感じた想い。

一つ一つではありますが、そんな建物が地球上に広まる、
それが私の夢であり目標です。

 

 

ページ上部へ戻る