来客用の部屋は、和室がいいは本当か?

間取りの打ち合わせをしている時、よく出てくるご要望。

「来客のための和室がほしいんです。」

 

来客というのは、遠方に限らずご両親が来られる時に作っておきたいと言うもの。

折角、新築の住まいをつくる、しかも最近は建築資金としてご両親からの援助が多いのも事実で、孫の顔も見に来てほしいという期待も込めて、泊まってゆっくしてもらいたい、と思うのも当然です。

今はどうされているのですか?とお聞きすると、狭くて泊まれる部屋がないからなかなか来てもらいづらくて・・・。

 

その一部屋のお値段は?!

ここで、ご両親が泊まられることを想定して6畳の部屋としてみましょう。

一室6帖つまり3坪分の部屋を作るのに、寝具を入れる押し入れも必要でしょうがとりあえず3坪の建築費を算定してみましょう。   土地の価格は場所によって差がありますが、私が住んでいる京都は、土地の値段が街の規模の割に高く平均して坪80万円くらいはします。 3坪分で240万円 。そこに、部屋をつくるので建築費として、こちらも仕様によって当然差が出ますが、単純に坪70万円でつくるとすると210万円。

合計で来客用6帖の和室のお値段、450万円 高いですか?安いですか?

ご両親が年に何度来られるかは分かりませんが、年2回来られて2〜3泊されるとして、年間6泊程度。 さて、あなたならその部屋だけのために450万円払いますか?

 

何が出来る値段なのか?

ちょっと別の発想をしてみましょう。

おじいちゃん、おばあちゃんと子供2人を連れて家族旅行に行ったとします。 温泉で大きい和室に宿をとって、ちょっと贅沢して、交通費も含めて20万円もあればまあまあのところに行けますよね。 450万円あれば22回、年2回とすれば11年行けることが出来ます。 子供と家族旅行に行くのはせいぜい小学校の間だけではないでしょうか。中学生になれば、子どもたちのほうが忙しくて日程が合わなくなってたりして。

 

ほんとうに必要???

ここまで書いておいて、ご両親が泊まるだけの和室なんて要らない!

と言いたいのではありません。

 

長いスパンを考えずに、間取りを考えている時期だけのことを考えて、安易に周りの人が言っているからとか、雑誌には書いてあるから、と言う決め方をしないで下さいということです。

私が相談を受けるときは、この家族旅行の投げかけをよくします。そうすると、皆さんいろいろ考えて下さいます。10年後のこと、20年後のこと、30年後のことも。

ほんとうに必要なのか?ご両親の年齢、子供さんの10年後、20年後も考えると・・・。

将来、同居の可能性は?子供さんはいつごろまで家にいると思われますか?いつまでいて欲しいですか?それは本当に子供さんのためになりますか?までいろいろと想像してみましょう。

 

もちろん、ゴロッと横になるため、こたつで団欒のスペースもほしい、ご主人の居場所、など兼ねてのスペーとして間取りを考えれば、いい親孝行も兼ねた素敵な家になるでしょう。

都心部と郊外では、手に入れられる土地の広さや値段も違います。都心部の住宅地では容積率、建ぺい率の関係で、少しでも面積を確保できる間取りを考えなければなりません。

そして、来客がご両親だけに限られるわけでもありません。

 

家づくりは家族づくり

家をつくるということは、ただ箱をつくるのではありません。

特に注文住宅の場合は、マンションや建売では出来ない、家族のあり方をご自身でつくる事ができるのです。

 

あるご家族は、じっくり考えられて、両親が泊まりに来れるのは子供が小学生の低学年の間と判断されました。であれば、子供部屋は元々、将来は2室に分ける予定で当面は一部屋の計画をしていたので、この部屋でおじいちゃんとおばあちゃんは孫と寝ればいい、部屋を2室に分けた後はご両親の年齢を考え、こちらから行く。と言う結論を出されました。これで、リビングを大きめに取ることが出来、建築費も落とすことが出来ました。落とした建築費は、いろいろな使い方ができます。

 

今だけを考えていては、いい家は出来ない

住まいをつくるタイミング、家族構成によって条件は全く異なりますが、家を建てる時は10年後、20年後、30年後を考えて間取りを考えましょう。 将来のことなんてわからない、と思われるのは分かります。でも、少しでも考えておいたほうが無駄がないのです。

将来、リフォームしたらいいからと言われる方も多いのですが、住まいの構造、法律等の制限から、間取りを変えるようなリフォームは昔よりしにくくなる傾向にあります。これからその傾向はますます強まります。
将来のことを考え、間取りの変更の可能性もあると判断されたら、その旨を設計の担当者に言っておきましょう。 構造をそれなりにしておくことは、ある程度可能です。ただ、ハウスメーカーは規格があるのでちょっと対応は難しいかもしれませんが、建築家、工務店なら相談に乗ってくれます。

 

 

おじいちゃん、おばあちゃんの為にも、新しい住まいの間取りはじっくり考えて後悔の残らないように。

.

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る