寝室を快適にして、これからの生活の質を10倍良くする方法。

家づくりの時、寝室はいつも計画の最後!

家づくりの相談をしていると、間取りの相談の中でも寝室の 扱われ方

がとても可哀想な時があります。 打ち合わせをしている時でも、まず

最初に始めるのは リビングの話、その後キッチン、ダイニング、子供

部屋、 お風呂、トイレ、最後に主寝室。   寝室は、ほぼ最後に付け加え

くらいの扱い。

 

しかも、寝心地、睡眠の質を考えるのではなく、だいたいがクローゼット

との位置関係がほとんど・・・。

 

せっかくこれからの人生の為に家づくりをするのですから、 寝室のこと

も、もう少し大切に考えてみませんか。

 

ではなく、大切にしなければなりません。

 

 

睡眠時間は人生の1/3

睡眠は大事! と言うのは、いまさら言われなくてもわかってる!! と、

お叱りをうけそうですが。 でも、睡眠はあなたが思っている以上に大切

なんです。

 

あなたは睡眠時間どれくらいですか?

6時間?7時間?8時間? それとも、

5時間?4時間???

正解というのはありませんが、統計でいくと7時間+α 程度が最も健康リスク

が少ないという統計が出ています。

 

最近、この数字はよく知られているのでご存知かもしれ ませんが、実際これ

くらいは取れていますか?   取れていない方は、何が原因なのでしょうか?

 

・残業続きで睡眠時間が確保できない。

・子供と、ご主人の時間帯が違い合わせるために睡眠が取れない。

・夜型人間だから、朝は苦手だから?睡眠時間が少ない。

確かにこのような中、ご自身の睡眠時間を確保するのは大変です。

 

でも他にも理由はありませんか?

 

寝室にいく前にリビングでうたた寝をして、 寝られなくなったりしていませんか?

寝る直前まで、明るいリビングでテレビをずっと観ていたりしていませんか?

アルコールを飲んだ方が、ぐっすり寝られるとは思ってはいませんか?

 

これらはすべて睡眠を減らすことです。

 

 

 

睡眠不足が引き起こす残念な結果

 

睡眠不足の原因はともあれ、睡眠不足が続いた時のいくつか の

もったいないを知っておいたほうがよいでしょう。

 

機能低下、反射神経の鈍化、判断ミス、やる気の停滞。

 

よく実感するのが疲れの蓄積。

意志力の専門家によると、精神的エネルギーは睡眠中に回復し、

日中の時間の経過とともに消耗してしまうそうです。

それは、起きている間に夜に近付くほどセルフコントロールができ

に くくなっていく、ということを意味します。

 

つまり、夜遅くなるほど、食べ物やアルコールの自制ができなくなり、

まあ、今日くらいは・・・となってしまう。

これは、あなたの意志が弱いというよりは、人類共通の習性 のようですね。

 

睡眠不足が重なり、疲れが溜まっていればいるほど、意志が弱く なって

いく悪循環となり、いろいろな面で悪影響が出てくるのです。

 

この流れを断ち切るためにも、睡眠時間が取りにくいならそれなりに しっか

りした睡眠が取れるよう寝室を工夫するべきでしょう。

 

 

睡眠の質を考える

確かに、起きている時に快適な生活をするための空間にお金をかけた方がいい
と思われるのもごもっともですが、少しガマンしてこのまま読んでみてください。

あなたは、睡眠の質について考えたことがありますか?

バブルの時に流行ったCMがありました「24時間戦えますか!?」

寝ずに働くのがエリートの証みたいな風潮もありました。

 

でも、今は違います。

 

脳の研究も進み、睡眠が人間にとってどう大切なのかもわかるように

なってきました。

 

神経科学者のラッセル・フォスター先生によると、

良い睡眠は集中力や 注意力 決断力 創造性 社会性健康を高める。

良い眠りにより気分変化やストレス 怒りや衝動性 飲酒や喫煙嗜好を
抑えられると言われています。

 

昔から言われていることでもありますが、睡眠を大事にすることは、

体にも精神的にも健康に過ごせる大変重要なこと、ということです。

良い睡眠をとるためには?


では、質の高い睡眠をとるためには寝室をどうすればよいのでしょう?

寝室の音、光、温度と湿度、

そして、寝具。

これらをコントロールできれば、まず良い寝室を得られます。

 

ここでは、寝室の環境について

寝室の室温はどれくらいが良いのでしょう?

睡眠の先生、甲南大学 前田准教授によると

 

室温 26℃   湿度 50~60℃

 

がベストで、これに個人の体質に合わせて寝具やパジャマを選ぶのが

良いとのことです。

 

これは、夏も冬も問わずです。

 

普通のご家庭ではどうなのでしょう?

ちなみに京都市の2015年のデータからいくと

夏、8月
最高気温の平均値は 33.6℃
最低気温の平均値は 24.6℃

室温が外気と同じなら、深夜は冷房無しでも良いくらいでしょうか?

でも、実際はそうはいかないですね。

 

これは、建物が昼間の間に熱せられて温められているため、

夜になっても室温が下がりきらないからです。

ですから、室温は外気よりも高い状態になっている場合が多いのです。

 

したがって、冷房をかけっぱなしの状態になりがちです。

また、開けっ放しでは京都市内では深夜でも湿度が高い為、いずれにしても不快ですね。
では、冬はどうでしょう?
同じく京都市の2015年のデータでは冬、1月
最高気温の平均は 8.4℃
最低気温の平均は 2.2℃寒いですね

一晩中暖房をかけることはあまりしないですから、

寝具を沢山かけて、包まって寝るというのが普通です。

そして、朝は部屋が寒くてつらい、なかなか起き出せない

ご家庭によっては、暖房をタイマーでつけて少しは暖かくして

起きやすいようにされているかもしれません。

 

このように、日本の家は冬の朝はかなりつらい家になっているのが普通ではないでしょうか?

 

暖かくなりだした春になると

「春眠暁を覚えず・・・」と昔から言われていますが

これは、春になると気候がよくなり寝やすくなり、ついつい寝過ごしてしまう

という意味です。

 

昔から、冬の寒さの中で寝るのはなかなかつらいものだったのですね。

 

時代は進んで現代、いろいろな技術が発達したのに、昔と同じいいのでしょうか?

実は、すでに快適な睡眠を確保されている方がいます。

しかも、北海道や東北地方の方のほうが数多く手に入れられています。

どうすればいいのか?

 

住まいを高気密高断熱にすればよいのです。

高気密高断熱の家で良質な睡眠を

良い睡眠を確保できる快適な家は、
断熱性能を上げて、気密をしっかりし湿度をコントロールしやすくした家です。
断熱性能を上げる事で、夏は室内に熱がこもらないようにします。
昔の家の蔵をご存知ですか?
壁の厚さは30cm近くあり、屋根も土を載せた上に瓦を葺きました。
その中は夏でもひんやりするほどです。住まいをそのような状態にします。こうすれば、夏の深夜も不快な暑さで寝不足になることはありません。

そして冬は、暖房の暖かさが朝までじんわりと残るようになります。

寝具も春くらいのものを使用でき、朝寒くて布団から出られないということはなくなります。

そしてベットから出た時、床が冷たい!ということもなくなります。

若い方にとっても快適な生活が送れるようになります。

さらに、年配の方にとっても、冬の部屋ごとの気温差がなくなることで、

寒さで深夜のトイレを我慢することがなくなります。

また、部屋とトイレの気温差でヒートショックを起こし、
重大な健康被害をうける予防にもなります。
血圧が高い方には特に良いのではないでしょうか。
睡眠の質を上げる寝室をつくる方法は、夏も冬も快適に過ごせる家づくりにつながります。

リビング・ダイニングだけでなく、寝室のこともしっかり考えていい家にして下さい。

 

 

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る