冷え性に悩む女性が少しでも快適に過ごせる家を手に入れる方法

「うちの主人は暑がりで、夏はいつもエアコンをつけっぱなしなの。」
「なのに私は冷え性なので、夏のエアコンは苦手で・・・。」

家づくりの相談をうけていて、空調の話になるとよく聞くお話です。
冷え性でなくても、エアコン嫌いな方は多いですね。

実は私もその一人。

昼間はさほど気にしないのですが、寝るときはエアコンがないほうが良いのです。

このように、室温調整のエアコンは必要なのですが嫌われている話もよく聞きます。

 

エアコンは日本独特

ルームエアコンがこれだけ発達しているのは、日本独特です。

他の先進国は、全館空調つまりセントラルヒーティングが主流です。

部屋ごとではなく、建物全体を温めたり冷やしたりします。

日本のように、人がいるところだけを温めるという方法は暖房と言うより採暖と言ったほうが正しいのかもしれません。 昔ながらの、囲炉裏、火鉢、ストーブ、こたつ、どれも採暖ですね。

日本は昔から暖を採って冬を過ごしてきました。それが、戦後の高度成長期辺りから、使う部屋を暖めるルームエアコンへの発展となりました。

このルームエアコン最近は非常に性能がいいのですが、それは性能を良くしないといけない理由がありました。

まず、これまでの日本の家づくりは、気密性はあまり良くなかったので、隙間風が多かったですね。隙間風が入るということは、それだけ温かい空気を送り込まなくてはならないということです。

また、窓の性能も低かったですので、窓からの冷気がどんどん部屋の床に溜まります。それを補うためにも、温かい空気をどんどん送り込みます。それでも隙間が多いので、部屋の上の方はぼーっとするほど温かいのに、床のあたりは冷たいということが起きます。

床面の温度が10℃なのに天井付近では40℃なんてこともあります。

このようなことから、日本では床暖房も発達しました。

 

日本のエアコンは世界最強

最近はセンサーで人がいるところが暖かくなる、とか風の向きが自在に動くなどの進化を遂げているのは、住宅の性能が悪かったために、やむを得ずエアコンが発達したという経緯があります。

おかげで、日本のエアコンのエネルギーの変換効率は世界最強にまでなりました。さすが、技術の日本の真骨頂です。結果、いま日本のエアコンは世界で注目されるようになっています。

ところが実を言うと、せっかく超燃費の良いエンジンを載せているクルマを買ったのに、運転が下手くそで急発進急停車を繰り返し、乗り心地も燃費も悪くしてしまっているのがこれまでの住宅です。

そろそろ、運転も上手な住宅にしましょう。

 

全館空調は、快適空間

断熱を良くし、気密を良くすると、全体の効率を考えると全館空調の方が良くなります。

全館空調では、建物全体を温めたり冷やすということです。と言うことは、まず、室内の天井面と床面の温度差がなくなります。
さきほどの、床面の温度が10℃なのに天井付近では40℃など問ことはなくなり、部屋全体が20℃位になるように設定します。

そうすると、床材に柔らかい無垢の木を使うことで、床暖房も必要なくなります。

 

部屋の温度が20℃で保たれるのであれば、長袖の薄いシャツ1枚くらいで快適に過ごすことができます。

建物全体が同じくらいの温度なので、家の中での活動量が増えます。家事をするのに、寒い部屋に出るのが億劫ということになりません。

お年寄りがご一緒なら、ヒートショックの心配も少なくなります。

また、間取りの考え方も変わります。以前は吹き抜けは寒い、と思われていましたが館内の温度を均一にするため吹き抜けがある方が有利にさえなります。最近では◯LDKという考えが薄らいできましたので、それに合わせた自由な間取りを考えられるようになります。
吹き抜けのある家の参考事例もご覧ください。

季節で言えば春の4月とか秋の10月くらいの気候を想像してみてください。 寒くもなく、暑くもなく快適で活動的になる季節です。

また、家の中のエアコンの風が気にならないのであれば、不快に思われることも少ないでしょう。

足元がいつもスースーする家は、これからのいい家とは言えません。

 

夏の夜も快適

さらに、夏の熱帯夜も快適になります。

寝苦しい夏の夜、エアコンの風も感じなく薄掛け一枚で汗もかかないで寝られたら、次の日の朝も快適ですね。

私もこの寝苦しい夜が苦手で、次の日は何となく睡眠不足で疲れも取れず、しかも昼の暑さで疲れが重なり、元気が出ないような日があります。そんな無駄な体力を使うことなく、快適に過ごせるようになります。

更に寝室を快適にするには、寝室を快適にして、これからの生活の質を10倍良くする方法、を参考にしてみてください

 

全館空調のほうが方が電気代がお得!?

エアコン等の電気設備は、最初室温を設定温度にするまでが一番電気を消費します。

室温が一旦設定温度になれば、消費電力もかなり少なくなります。

これも車と同じで、信号の多い町中で動いたり止まったりを繰り返すより、高速道路で一定の速度で走るほうが燃費はよほど良いですね。

高気密高断熱をしっかりして、快適で健康的な省エネ住宅がこれからのいい家のススメです。

 

 

.

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る